FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    説得力のある言葉。

    夕方 撮影 松田光司

    やはり頭の中だけで理解してしゃべるのと、実際に経験した人がしゃべるのでは全く説得力が違うとあらためて感じた。


    内容は詳しく話せないが、ある人のある悩み事の相談に乗ったのだ。

    当然その内容については私も経験がなく、それに類推するたとえ話やそれに近い経験をした中からの言葉でしか語ることが出来なかった訳である。

    それでも一応、相談した相手は話を聞いてもらえたというだけで、幾分気持ちも軽くなったようなので、私も少しはホッとしたのだが、・・・・やはり、当然気になる訳である。


    はたして私のその言葉で良かったのであろうか?もっと適切な言葉があったのではないか?


    そんな時、ふと私の友達の中に、その悩みの内容に近い経験をした人がいる事を思い出したのである。

    しかもその友達は、その似たような悩みを経験しただけではなく、さらに克服した人であるのだ。

    早速、メールで連絡を取り、プライベートな事には配慮しつつおおよその内容を伝えた訳である。

    するとすぐに返事が来たのだが、ひと言めから私の想像出来る範疇を超えた答えが返ってきたのである。

    詳しくは書けないが、やはり視点が違ったのである。

    こうやって言われてしまえば『なるほど!』と思うのだが、経験した人しかすぐには気付かないような視点からの話であったのだ。

    何だか、そのメールの文章がキラキラと輝いて見えてしまうほど説得力があり、あらためて経験した人の言葉は違うものだと強く感じたものである。


    この友達から力強い回答を得た事で、これが私自身の悩みではなかったにもかかわらず、何だか気持ちがフッと楽になるのを感じるのであった。

    あるラジオ番組で「喜びは人に話すと倍になり、苦しみは人に話すと半分になる。」というような事を言っていたのを思い出すが、今回はまさにそれを感じた瞬間であったように思う。

    とりあえず、そのある人にとって、すぐに解決するような悩みではないが、きっと苦しみは半分になってくれるものと信じている。

    友達の I さん、説得力のある言葉をありがとうございました。
    スポンサーサイト



    1. 2011/02/23(水) 18:41:19|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<依頼制作について、・・・再び。 | ホーム | 兄弟姉妹の顔。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/309-c01a0c2c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)