FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    今日の雪 撮影 松田光司

    この冬、宇都宮の個展の時に初雪は経験しているのだが、自分が住む地域では初。


    自分自身が雪の降る地域の出身ではないので、大人になった今でも雪が降ると何となく心が躍る。

    地元愛知県春日井市いたころは、冬の間に3~4回も雪が降れば多いほうで、積もったとしてもせいぜい10cm前後。

    子供のころはそれこそ、大喜びで雪の中を駆け回ったものである。


    当然、大人になれば、車の運転の事とか、仕事の事とか色々と関係してくるので、雪が降っても手放しで喜べるものでもないし、家の前の雪かきをちょっとやっただけでもその重労働である事、そしてその大変さに驚かされるものである。

    正直、雪国の映像だけ見ていても、あの量の雪かきの大変さは想像を絶するものだなぁと思ってしまう。


    とはいえ、ここは東京近郊、・・・やはり雪の降る真っ白で静かな別世界は、非日常的で興味深い。


    子供たちが「あーあ、もっと雪積もらないかなぁ・・・。」と言っているのに対し、

    私は「何言ってるの、雪積もったら大変だよ、雪かきもあるし、運転も危ないし、・・・。」

    などと言いながらも心の中では、

    『もっと、積もればいいのになぁ、久しぶりに雪だるまとか、かまくら作ってみたいし、・・・。』

    ・・・などと、春日井市に住んでいた頃の、少年のようなワクワクした気持ちも同時に存在していたりするのだ。
    (さーて、明日にかけて、積もるのかなぁ、どうなのかなぁ・・・。)
     
    スポンサーサイト



    1. 2011/02/11(金) 18:40:30|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<客観視。 | ホーム | 一人での制作。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/297-662970b0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)