FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    個展における偶然の数々。

    大学のもみじ 撮影 松田光司

    11月9日のブログでも書いたが、個展というのは何か特別な意味でもあるのであろうか?妙に偶然の出来事が起こりやすいように感じる。
    (まあ、たまたまと言ってしまえば、それまでの事ではあるのだが、・・・。)


    さて色々と思い出す限り挙げてみよう。

    個展に友達二人が来てくれた時の事である。
    一人の友達がある彫刻を見ながら、「私、この人とそっくりな人知っているよ。」と言ってきたのだ。
    で、私は「ふーん、世の中には似た人がいっぱいいるからね。」・・・などと話している所へたまたまそのモデルの男の人登場。
    ・・・すると二人はあった瞬間、「何でここにいるの?!」
    ・・・・友達:「だって友達だもん。」・・・モデルの男の人:「だってモデルやったし。」
    何と二人はたまたま旅先で知り合っていたらしいのだが、まさか全然関係のないこのギャラリーで再会する事になろうとは、・・・。


    また別な個展の時の話である。
    エムさんがモデルをしてくれた作品の前でお客さんがピタッと立ち止まって動かなくなったのである。
    その作品とは「響心」、ギターを弾くポーズの彫刻である。
    ・・・で、そのお客さんが「このモデル、Sちゃんかなぁ?」と聞いてきたのだ。
    私は驚き、いや「S先生ではないですが、そのお弟子さんなんですよ。」と答えると、
    「やっぱりSちゃんと弾く姿勢が似ていると思ったわ。私昔、Sちゃんと一緒にギター習っていたの。腱鞘炎になってやめちゃったんだけど。今でもSちゃんと付き合いはあるのよ。」
    全く驚きである。確かにエムさんはS先生の弾き方によく似ていると言われていたらしいのだが、まさかこんなに離れた場所でS先生の昔のギター仲間がお客さんとしていらっしゃるとは、・・・。


    また別な話。
    ホテルの中にあるギャラリーでの個展初日の事である。
    さあ、いよいよ始まるぞと思いソファーに腰掛け、ふとガラスの外を見ると・・・あまり見覚えのない男の人が手を振りながらこのギャラリーにまっすぐ向かってくるではないか。
    「誰だっけ」と思ってよく見ると、・・・昔数回あっただけの知り合いだったのである。
    お互い「おーっ久しぶり!」と握手をしたのだが、次の瞬間『ん?何で個展やってるって分かったの?』という疑問が・・。
    数回会っただけなのでDMも出していないし、何故だろうと聞いてみると・・・。
    「今朝、このホテルをチェックアウトしようと思ったら、携帯の電池が切れちゃってさぁ、急速充電の装置が売っていないか聞いたら、こっちの方って言われたんだよね。・・・で、そのお店に向かおうと歩いてきたら、ギャラリーの中に松田君が座ってるのが見えて、あれっ!て思ったんだよ。何で座ってんだと思ったらこれ個展だったんだね!いやぁびっくり。」って、こっちがびっくりだよホントに。
    たまたま電池が切れなければ、会える事もなく去っていったんだよなぁ・・・。


    最後にもう一つだけ。
    ギャラリーにお客さんがいらっしゃったようなので、入口の方に出迎えに行くと、不思議そうな表情を浮かべて立つ男の人が一人。
    まあ、どうぞ、どうぞと中へ招いた訳であるが、何故かその男の人は私の顔を一生懸命確認しているようであった。
    正直、知らない顔だし、何でジロジロ見てくるのだろうと思っていると、・・・「やっぱり松田君だよね。」・・・ときた訳である。
    「えっ?すみません、知り合いでしたっけ?」と聞くと「あの高蔵寺高校の時の・・同じクラスだったFだけど、・・覚えてる?」
    「えーっ!雰囲気が全く変わっていたから全然分かんなかったよ。えーっでもどうやってここが分かったの?」・・・実に25年ぶりの再会。
    何と彼は愛知から出張でよく栃木の方に来るらしく、このギャラリーがある道もよく通っていたらしいのだ。
    何の気なしに車で通り過ぎようとすると、何だか見覚えのある名前がギャラリーの前に張り出されているではないかと思い、・・・ふと気になり、もしかして、と入ってみたらしいのだ。いやぁー、本当に世間は狭いものである。


    他にも色々あったと思うのだが、思い出したらまたいつかこのブログにて、・・・お楽しみに。
    スポンサーサイト



    1. 2010/11/25(木) 10:04:10|
    2. 日常
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ギャラリーシエールでの10回目の個展。 | ホーム | 疲れた中での判断力。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/229-f59261d9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)