FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    ガレリア・デ・アルテ(名古屋のギャラリー)

    出身地、春日井の空 撮影 松田光司

    先日、11月開催の個展の下見と打ち合わせで、初めて「ガレリア・デ・アルテ」に行ってきた。

    実に素晴らしいギャラリーであった。

    それこそ、画廊店主の渡辺さんは、気さくで知識も豊富、お話も上手でとても品のある紳士という感じの方であった。
    2人の女性スタッフの方も、実に聡明で気取る所がなく、にこやかに対応をされる素敵な方々で、丁重に私を迎え入れてくれた。

    1階の入り口は看板が多く、少し分かりづらいかもしれないが、DMの地図通り来ればまず迷う事はないと思われる。

    エレベーターで3階に上がるとすぐギャラリーの入り口である。

    それこそ入口は立派な扉で、ギャラリーの中も格調高く、一瞬緊張しそうだが、ギャラリーの方のあたたかい対応にホッとされる事であろう。

    8月26日のブログでギャラリーについて色々と書いたが、そこでふれたような心配は一切ないので、安心して足を運んで頂きたいと思う。

    とりあえず、今現在分かっている情報をお知らせします。
    松田光司彫刻展
    ○場所・・・・・・ガレリア・デ・アルテ (名古屋市中区錦3-15-32タケガビル3F )
    ○期間・・・・・・2010年 11月6日(土)~18日(木)会期中休みなし
    ○時間・・・・・・AM10:00~PM12:00 PM1:00~PM5:00
    ○作品点数・・・・レリーフ、立体合わせて約30点
    ○内容・・・・・・人物、猫などをモチーフとした具象作品
    ○素材・・・・・・ブロンズ、テラコッタ(素焼き作品)
    ○作家来廊日・・・今の所11月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)は確実に画廊にいます。平日に関してはおいおい決定していきます。


    また、新しい情報が分かり次第、ブログにて報告させて頂きます。
    ガレリア・デ・アルテ入口 撮影 松田光司
    ギャラリー入り口。中味はもう少し先のお楽しみ・・・。
    スポンサーサイト



    1. 2010/09/20(月) 16:03:09|
    2. 松田光司彫刻展
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<売りに走るって? | ホーム | 違和感を覚えた言葉。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/174-a4a12db0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)