FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    目指すべき自分とは?

    厳美渓 夏の夕焼け 撮影 松田光司

    「あなたらしくない」という言葉があるが、その「あなたらしくない」言動、行動が続けば「あなたらしくない」あなたが、あなたになってしまう。


    今までのあなたにとって代わるのである。しかし、そのどちらのあなたが本当なのか?
    もしかしてどちらも本当ではないかもしれない。

    あなたがあなたである証拠、根拠は何であろうか?

    その顔、形、肉体であろうか?その考え、思想であろうか?


    私の場合、私が私であると証明出来る唯一のものは、彫刻をつくるという行為の中にのみ存在するものである。

    肉体でも思想でもない、ましてや免許証でも保険証でもあろうはずがない。
    彫刻をつくるという行為そのものが私を私で在らしめるものであるのだ。

    ある意味私は私になる準備に20年近くの時間を費やしているのである。
    本来の私ではない私の状態が20年近くあったと言えなくもない。

    何故だか分からないが無性に惹かれてしまう人の行為や思想がある場合、その人の持つ天性の部分を刺激しようとしているのかもしれない。

    天性のものというのは隠そうとしても出てきてしまうものであると思うのだが、逆にその人にとってあまりにも身近すぎて気付かない事でもあったりする。

    人の意見に振り回されることなく、常に自分と対峙する時間を日々意識すること、・・・・・そうすれば必ず自分という人間が浮かび上がってくるはずである。

    途中途中はあこがれの存在もあってもいいとは思うが、やはり、最終的には自分が自分になれるよう自分を目指そう。
    スポンサーサイト



    1. 2010/09/18(土) 10:30:00|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<違和感を覚えた言葉。 | ホーム | 再び、クロッキーとは?>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/172-839647c1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)