FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    野球殿堂入りレリーフ。

    「東尾、江藤、古田」粘土完成 松田光司作

    4月13日4月15日のブログでも書いた今年の「野球殿堂入りレリーフ」。
    7月26日からようやく野球体育博物館にて一般公開されているそうです。

    前にも書いたとおり、今年私が制作したのは「東尾修・江藤慎一・古田昌幸」の3氏。





    今日はせっかくなので簡単に制作工程の写真を紹介します。

    野球殿堂入りレリーフ制作過程 松田光司作


    このレリーフのブロンズ完成形は「野球体育博物館」でご覧になる事が出来ます。

    ぜひ、東京ドーム21番ゲート右隣り「野球体育博物館」へ、足をお運び下さい。
    スポンサーサイト



    1. 2010/08/01(日) 15:42:08|
    2. 彫刻
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<「石膏取り」について。 | ホーム | 学生におくる言葉。>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://mitsuji415.blog28.fc2.com/tb.php/127-470df411
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)