FC2ブログ

    彫刻家 松田光司のひとりごと―思いつくまま―

    彫刻の制作をしながら日々思いつくことを書きとめる。

    「見る側の事を一切考えず制作」って?

    DSC_0611 (2)

    9年ほど前に開催した個展の時、それを見に来た美術館学芸員のTさんから
    「松田君は見る側の事を考えた作品を作らないの?」と質問された。(→2010年11月22日ブログ参照)


    続きを読む
    スポンサーサイト
    1. 2019/07/11(木) 11:56:56|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アートという美名のもとに。

    DSC_0967 (4)

    さて、今までもアートについては色々と書いてきたが、またあらためて書いてみたいと思う。
    ただしいつものごとく断っておくが、100人いれば100通りの考え方がある訳で、以下の文章もその多くある考え方の一つに過ぎないという事を承知した上で読んでいただきたい。

    続きを読む
    1. 2017/08/28(月) 10:45:38|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アート村の住人。

    DSC_0652 (2)

    我々は自分が意識するしないにかかわらず、どこかの世界(村)の住人の一人となっているのだ。
    それはそれぞれにおいて自由な世界のような錯覚にとらわれているが、実は知らないうちに身動き出来ないような状態に絡め取られていたりするものなのだ。


    続きを読む
    1. 2017/06/27(火) 16:54:13|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    真実と嘘。

    岩手にて 撮影 松田光司

    とある事柄にかんして、ほんの少しだけ関わり、「なるほど、人というのは一度思い込んでしまったら、信じ込んでしまったらどんな普段まともに思える人でもその枠の中から中々抜け出せれないものなんだ。」とあらためて思った。


    続きを読む
    1. 2017/05/19(金) 10:25:50|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1

    「 コロンブスの卵 」って?

    立つ卵 撮影 松田光司

    みなさんご存知のとても有名な話 、「コロンブスの卵」・・・・この話には一つの弊害が・・・笑。

    続きを読む
    1. 2016/06/22(水) 09:27:21|
    2. 思想
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ